太りたいならプロテインがいいのでは?と思うんだけど・・・効果はあるの?

太るためにプロテインは有効か? 太るための方法

体重を増やすには、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ることが重要です。だからといて食事量だけ増やせばいいというわけではありません。

健康的に太るために、まずは食生活や運動の面から見直しましょう。必要であればプロテインも上手く活用していくと、無理なく効率的に太ることができるかもしれません。

プロテインで太る方法は?使い方や飲むタイミングを知りたい!

プロテインは、水や牛乳に商品に記載されている割合で溶かして飲みます。シェイカーを使うと混ぜやすいです。

ダマになると飲みにくいので、よく混ぜて溶かしましょう。プロテインには筋力アップや体重増加の効果がありますが、それぞれの目的に合った摂取方法があるのでご紹介します。

筋力アップ

筋肉は、運動やトレーニングで傷付いた筋繊維にタンパク質が吸収されることによって成長します。タンパク質が不足すると、体が筋肉を分解してエネルギーに変換してしまいます。

ですから、筋肉の分解を起こさないように運動後にプロテインを飲むのが良いです。

また、運動後30分は回復のゴールデンタイムと言われており、傷付いた筋繊維が栄養を欲している状態になり、吸収力が高まっています。

この時間にプロテインを飲むことで、筋力アップや筋肉量アップに繋がります。

そしてもう一つ大切なのが、タンパク質と同時に糖質(炭水化物)を摂取することです。

糖質が体に入るとインスリンが分泌されますが、インスリンにはタンパク質の吸収を良くし、筋肉の分解を防ぐ働きがあります。プロテインの効果をより効果的にするために、ぜひ糖質も一緒に摂取しましょう。

体重増加

体重を増やしたいけど、食事で十分なタンパク質やカロリーが摂れない場合には、食後や間食として摂取するのが効果的です。

食事で炭水化物(糖質)を食べた後でプロテイン(タンパク質)を飲むことで、タンパク質の吸収が良くなります。むやみに食事を増やさなくても摂取カロリーを増やせるので、余計な脂肪が付くことも防ぐことができます。

また、食事の間隔が空いてしまうときには間食としてプロテインを飲めば、エネルギーの回復や空腹感も改善できます。

寝る前にプロテインを摂取すると太るという情報は本当か?

体は睡眠中に成長ホルモンを分泌していて、成長ホルモンにはタンパク質の吸収を良くする働きがあるので、寝る前にプロテインを飲むのは効果的です。

成長ホルモンの分泌のピークは就寝後30分後から3時間後、プロテインは摂取後吸収されるのに少し時間がかかるので、就寝から1時間程前に飲んでおくとより効率的に吸収されます。

また、寝ている間は栄養補給ができないので、ゆっくりと吸収されていくプロテインを飲んでおくと、寝ている間にも栄養補給ができ効率が良いです。ただし、寝る直前に飲むと胃もたれなど起こすことがあるので注意しましょう。

プロテインは副作用などデメリットがあるのか知りたい!

プロテインは使い方を間違えなければ重大なデメリットはありません。

問題があるのは過剰摂取した場合です。タンパク質はたくさん摂ったからといって、すべてが良い働きをするわけではありません。

摂取しすぎた分は脂肪になるので、食事で摂るタンパク質との合計を考えるよう注意しましょう。

またプロテインは人工的なタンパク質で、もともと腎臓が弱い人などは腎臓に負担がかかりやすい為、医師はあまりおすすめしないそうです。

そして海外製品の物は、水銀や鉛が基準値を超える量検出されたこともあるようなので、購入の際には特に気を付けるようにしてください。

まとめ

プロテインは、タイミングや摂取量を良く考えて適切に使用することで、効率的に理想の体型に近づくことができるアイテムです。種類や味も豊富なので、自分に合ったものを見つけて自分に合った方法で、無理なく楽しみながら活用できると良いですね。